流氷についてのペンギンの悩み

tadeku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Leica M4について( 1 )


2006年 06月 22日

Leica M4について

a0073266_19285744.jpg

いまのところ、このM4一台でやりくりしております。普通のなんの変哲もないM4です。
ぼくのカメラの歴史をいいますと、半年ほど前にコシナのジャパニーズフェイクライカ「ベッサR」で写真の世界に入門し(このコシナ期に二週間だけバルナックライカ3Cを使っていました。とても美しい光線漏れが撮れるので惜しくも返品)、ほんとつい最近このM4に買い換えたしだいです。
オークションでお安く購入できたとはいえ、カメラに興味のない方からすると、明らかにおかしな法外な金額です。ぼくだってM型ライカなど絶対に買えないだろうと高を括っていたのですけど、やられちゃってますね、完璧に。貧乏人にも買えちゃうんです。

さすがに安かっただけのことはあり、グッタペルカはグッタリと欠けや補修箇所があり、傷や凹みはもちろんのこと。シャッター低速の粘り等々。状態は良いことはないのです。しかし、ぼくは履き古されたジーンズが好きな男ですから、、、

M4の特徴を述べたいところですが如何せんM4しか知りませんので何とも言えないのです(それに素晴らしきライカの巨匠達がネットの世界に居られますので。ぼくも購入前はお世話になりました)。素人的見地から、金属の質感、気持ちの良い重量感、作り込まれた機械の操作性。いつまでも握りしめ歩きたくなります。グッとくるカメラです。
そういえばベッサRよりもフィルム装填が簡単です。ついでながらバルナックライカのフィルム装填は好きでした。茶道のような一種の儀式、乙なものです。
難をあげるとレバーにプラスチックを使っているのはちょっといただけないです(だって既に欠けてますし。M2、M3の方が外観的に格好よい。実際、M2は購入候補でした。今でもちょっとM2には惹かれます。M4や後のM型の源泉ですから)。
これが最大の難点ですが、鞄から取りだす時、それも速写しなきゃならない時に限ってセルフタイマーに指が引っかかりゼンマイ仕掛けのロボットか時限爆弾よろしくぼくを嚇かしてくれます。ところでセルフタイマーで撮影することはあるのでしょうか?ひょっとして盗撮に使うのでしょうか?

シリアルナンバーから推測すると1970年製でぼくより10歳ばかしお兄さんにあたるわけですが、クラシックカメラというにはまだまだ若いのでしょうかね?それでもぼくには充分すぎるほどよくできたお兄さん。

写真が好き、カメラが好き。というよりライカが好きになってますね。
[PR]

by tadeku-mushi | 2006-06-22 21:54 | Leica M4について